「まごころふるさと便」は、青森県産品だけを扱うインターネットショッピングモールです。 お買い物方法 青森特産品のお買い物方法 区切りの線 よくある質問 青森特産品のよくある質問 区切りの線 お問い合わせ 青森特産品のお問い合わせ 区切りの線 サイトマップ
   
     
電話番号 0172-59-1181   まごころふるさと便とは
   
フォントを小さくする フォントを大きくする
電話受付時間平日8時30分から17時までです 注文用FAX用紙はこちら メールマガジンの購読はこちら
           
           
青森県産品だけを扱うショッピングモール
  • 青森県特産品をカテゴリで探す
  • 青森県特産品を季節・特集で探す
  • 青森県特産品を地域別で探す
  • 青森県特産品をショップ一覧で探す

 
【予約受付中】
おまたせしました!いまだけのお楽しみ、海峡サーモン(鮮魚)発送開始です(2017.5.25)
 

HOME > ショップ一覧 > (地独)青森県産業技術センター りんご研究所

(地独)青森県産業技術センター りんご研究所




古木に実る昔なつかし国光(こっこう)りんご


いまでは一般市場でほぼ見かけなくなった希少な品種「国光」

青森県のりんご栽培は、明治8年(1875年)に内務省勧業寮から配布された苗木を
県庁敷地内に植えたのが始まりです。さらにその後も同寮から苗木の配布があり、
約320本の苗木を栽培者に1、2本ずつ配布し今日のりんご産業の基礎が築かれました。

試作期を経て明治20年代から栽培が本格化しましたが、当時は栽培管理も不十分だったため、
明治30年代に入ると病害虫がまん延し廃園が続出する状況となり、試験研究機関の創設が望
まれるようになりました。

昭和6年、黒石町(現黒石市)及び生産者から土地、建物、施設の提供を受け、
りんごに関する専門試験場「青森県苹果試験場」が設立されました。
以来りんご研究の主要機関として、数々の実績をあげています。
現在は「(地独)青森県産業技術センター りんご研究所」と改称されています。

「(地独)青森県産業技術センター りんご研究所」には、
明治34年(1901年)に植栽されていたと記録のある
国光(こっこう)の大木が数本育っています。

国光はアメリカで1800(寛政12)年頃には知られていた
古い品種で東北地方、特に青森県の風土に生育が
適していたため明治、大正、昭和にかけて
主力品種として栽培されておりました。

収穫時期が11月初旬~中旬と遅くりんごの木に雪が
降り積もり、りんごの実が雪の下になることから、
青森では別名「雪の下」と呼ばれています。

りんごといえば、紅玉と国光以外は思い浮かば
なかった時代がある程人気があり、昭和15年
(1940年)には栽培面積47.28%を占めていた
国光ですが、時代の移り変わりと新しい品種の
登場により市場から姿を消しました。
現在では、生産している農家はほぼありません。

また、国光は現在一番人気のあるりんご「ふじ」
の交配親です。
長い間愛された美味しさの良さが子供に
しっかりと受け継がれています。

食べた事のある人は昔懐かしい味、初めて
食べる方は「ふじ」とは違った新鮮なりんごの味が味わえます。
もっと見る

                 

りんご産業を100年以上にわたって支えてきたりんご
国光(こっこう)
国光はアメリカ・Virginia州AmherestCountyにある「CalebRalls果樹園」起源の品種で、1800(寛政12)年頃には知られていた古い品種。
日本へは1871(明治4)年に開拓使(明治2~15年の間、北海道開拓を任務として設置された官庁)によって導入されました。
導入当初の原名では普及せず、地区により49号(北海道)、晩成子(岩手)、雪の下(青森)、キ印(山形)などいろいろな名称で呼ばれて混乱していましたので、1900(明治33)年に全国共通の名称を国光に統一。国光、つまりRalls Janetは、日本の風土、特に青森県の風土に適していたため、生産者の努力とあいまって、明治、大正、昭和にかけての青森県の基幹品種として、りんご産業を紅玉とともに100年間にわたって支えてきた記念すべき品種です。


国光に変わって人気№1のりんご
ふじ母×父:国光×デリシャス
青森県南津軽郡藤崎町にあった農林省園芸試験場東北支場(現 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点[盛岡市])において誕生した世界的品種です。生産量は近年ダントツの第一位で、果汁が豊富で甘みも強い美味しさで人気NO.1のりんごです。



食べやすいと評判!期待の品種
星の金貨母×父:ふじ×青り3号
青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)において、食味が良く、貯蔵性が高い晩生品種として育成されたものです。 「ふじ」よりも甘くて貯蔵性に優れている「星の金貨」は収穫直後から6月ころまでおいしく食べられます。また、皮が薄いので小玉果は丸かじりできます。





参考文書:青い森の片隅からHP
地方独立行政法人
青森県産業技術センターりんご研究所HP

 




国光

数量限定国光 10~12個入(キャップ詰)



商品写真

国光は、甘さ控えめの味。昔食べた事のある人は「懐かしい味」、初めて食べる方はふじとは違った新鮮なりんごの味が味わえます。

・配達後は「冷蔵庫」にて保存ください。
・キャップ詰め、段ボール箱入
・【 週1回発送 】月曜締め切り金曜発送です。
・2箱まで1個口で発送可能です。

※りんごは生ものです。生産者の方々は日々懸命に努力されていますが、どうしてもその年の天候や、木の個体差により毎回同じ味のりんごがお手元に届くとは限りません。何卒ご理解ください。
※りんごの大きさは品種により異なります。個数の指定は承ることができません。ご了承ください。
※転売・業務用・商品化でのご使用は禁止です。

10~12個入

発送期間:2016年12月16日から
週1回発送
月曜日午前9時締切、金曜日発送

ポイント対象商品
■商品コード:AI0001
■素材/原料:りんご(青森県産)
■サイズ/重量:合計10~12個
■産地名:青森県
■保存方法:冷蔵庫にて保存。
■賞味期限:生ものですのでなるべくお早めにお召し上がりください。目安として冷蔵保存でお届け日から10日間
■発送方法:常温便
■生産者:(地独)青森県産業技術センター りんご研究所
>>お支払い方法について  >>配達について
※購入前にご確認ください。

数量限定三世代林檎(国光・ふじ・星の金貨)



商品写真

大変貴重な一代目「国光」、人気の二代目「ふじ」、話題の三代目「星の金貨」の三世代林檎の詰め合わせです。親・子・孫と三世代の味を食べ比べできます。

◆セット内容(合計10~12個入)
 国光 4~6個
 ふじ 2~3個
 星の金貨 2~3個

・配達後は「冷蔵庫」にて保存ください。
・キャップ詰め、段ボール箱入
・【 週1回発送 】月曜締め切り金曜発送です。
・2箱まで1個口で発送可能です。

※りんごは生ものです。生産者の方々は日々懸命に努力されていますが、どうしてもその年の天候や、木の個体差により毎回同じ味のりんごがお手元に届くとは限りません。何卒ご理解ください。
※りんごの大きさは品種により異なります。個数の指定は承ることができません。ご了承ください。
※転売・業務用・商品化でのご使用は禁止です。

10~12個入

発送期間:2016年12月16日から
週1回発送
月曜日午前9時締切、金曜日発送
ポイント対象商品
■商品コード:AI0002
■素材/原料:りんご(青森県産)
■サイズ/重量:合計10~12個(国光(4~6個)、ふじ(2~3個)、星の金貨(2~3個))
■産地名:青森県
■保存方法:冷蔵庫にて保存。
■賞味期限:生ものですのでなるべくお早めにお召し上がりください。目安として冷蔵保存でお届け日から10日間
■発送方法:常温便
■生産者:(地独)青森県産業技術センター りんご研究所
>>お支払い方法について  >>配達について
※購入前にご確認ください。




(地独)青森県産業技術センター りんご研究所 基本情報
生産者名 (地独)青森県産業技術センター りんご研究所
のし・包装 のし可、包装不可
発送までの基本日数 毎週金曜日のみ発送(金曜日が祝日の場合は木曜日)。
配達日時指定について 配達日時指定は「ご注文日から、7営業日以降」をご指定ください。
発送休業日




バナーM バナーM
このページをメールで送る

上へ